豆乳ダイエットを成功させる秘訣を紹介!

豆乳ダイエットをご存知ですか?様々なダイエット法がありますが、そんな中でも手軽にできるダイエット法のひとつです。しかし、やり方を間違えてしまうと、逆に太ってしまった…なんて話も耳にします。

ここでは、そんな豆乳ダイエットの効果や成功させる秘訣について紹介します。

 

豆乳ダイエットの効果とは?

豆乳ダイエットは、ダイエット効果以外にも女性にとっては嬉しい効果が様々あります。無理なダイエットは抜け毛が増えたり、肌がボロボロになってしまったりと、デメリットがたくさん。しかし、豆乳ダイエットはそんな心配もなく、やり方さえ間違えなければ安心して続けることができるダイエット方法だと言えます。

 

食べ過ぎを防いで、食べても太りにくい体を作る

豆乳には、「大豆サポニン」が含まれています。大豆サポニンは、腸に作用して、脂肪や糖質の吸収を抑制する効果を持っています。また、満腹中枢を刺激することから、食欲を抑える効果も持っています。それ以外にも、便秘を予防する効果や、抗酸化作用を持つことからアンチエイジングにも役立ちます。

 

代謝を上げて、脂肪を落としやすくする

豆乳に含まれる「大豆ペプチド」には、脂質の代謝を良くする働きがあります。そのため、体に溜まってしまった脂肪を落としやすくする効果を持っています。また、代謝が良くなることから、脂質をエネルギーに変えてくれるため、ダイエット効果が上がるだけでなく、疲労回復にも役立ちます。

また、豆乳に含まれる「大豆たんぱく質」も血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きを持っています。そのため、血流を改善し代謝を上げる効果を持ちます。また、筋肉量を増やしてくれることから、さらに代謝を上げることができるため、痩せやすく太りにくい体作りが可能です。

豆乳には、ビタミンB群も豊富に含まれていることから、脂質や糖質、たんぱく質のエネルギー変換が促進され、脂肪のつきにくい体を作ることができます。

 

むくみ解消効果

豆乳には、「カリウム」が含まれています。カリウムは、むくみの原因である ナトリウムを排出する働きを持っているため、むくみを解消させる効果があると言えます。

便秘改善効果

豆乳には、便秘解消効果を持つ「オリゴ糖」と「食物繊維」が豊富に含まれています。

腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えます。また、食物繊維が排便をサポートすることから、便秘解消効果を持つと言えます。また同時に、便秘によるむくみや肌荒れも改善してくれる効果も期待できます。

 

ホルモンバランスを整える

豆乳には、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをすると言われる「大豆イソフラボン」が含まれています。そのため、豆乳を適量飲むことで、ホルモンバランスを整えることができます。

ホルモンバランスの乱れは冷えやむくみ、血行不良などを招いてしまいます。そのため、大豆イソフラボンでホルモンバランスを整えると、生理前後のイライラやストレス、過食を改善し、痩せやすい体質を作ることができると言われています。また、更年期障害にも効果が期待できます。大豆イソフラボンの摂取は、美肌やバストアップにも効果的です。

 

健康的に痩せる

豆乳ダイエットは、無理に食事量を減らす、偏った食材を食べるなどのダイエット法とは異なり、豆乳を飲みながらバランス良く食事することを勧めています。正しいやり方をすることで、健康的に痩せることが可能です。そのため、豆乳ダイエットによる肌荒れや、髪のパサつきなどの心配はありません。

 

豆乳ダイエット成功のポイントとは

豆乳ダイエットは、健康的に安心して行うことができるダイエットですが、正しいやり方で行うことが大切です。間違ったやり方をしてしまうと逆効果になってしまう場合もあるため、豆乳ダイエット成功のポイントをしっかり押さえて行うようにしましょう。

 

・豆乳を飲む量は200~300mlを目安に

豆乳は多くの効果を持ちますが、たくさん飲めば良いというわけではありません。そのため、1日の摂取目安量は200~300mlとされています。

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、1日の上限が成人なら70~75mlとされており、豆乳に換算すると200~300mlになります。イソフラボンは過剰に摂取することで、ホルモンのバランスを崩して体調に悪影響を及ぼしてしまいます。食事で豆腐や納豆などの大豆製品を摂る場合は、その量も意識して豆乳を摂取するようにしましょう。

 

・飲むタイミング

豆乳を飲むタイミングは、食事の20~30分前がおすすめです。食前20~30分前に飲むことで、食事の脂肪や糖質の吸収を防ぐことができます。また、食欲を抑える効果も持っていることから、食事量を抑えることができ、無理なく食事制限を行うことができます。

 

・飲む時期

豆乳ダイエットで最も効果的なのが、生理開始7~10日前から生理日までの期間と言われています。排卵後、生理が始まるまでの1週間は、女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」が増えて、その働きにより体に栄養を蓄えようとするため、太りやすくなってしまいます。この時期に豆乳を飲むことで、プロゲステロンの働きを抑えることができるのです。

生理後は、本来蓄えた脂肪を使って代謝を行いますが、豆乳を飲むことで脂肪の蓄積ができていないことから、体に元々蓄積されていた脂肪を使って代謝することになるため、体重を減らすことができます。この方法でダイエットを行うとたいていは一時的に2~3㎏も体重を落とすことができると言われています。

継続的にダイエットを行いたい場合は、毎日飲んでも問題ありません。この場合は緩やかな効果を期待することができます。毎日飲みながら、生理前の最も効果的な時期を外さないように飲むことが、ダイエット成功に繋がるポイントだと言えるでしょう。

 

豆乳ダイエットの失敗例からの注意点

豆乳ダイエットは、必ず成功するというわけではありません。ここでは、失敗例から、成功のための注意点を紹介します。

 

・豆乳を飲み過ぎない

豆乳には、200mlあたり100kcal異常のカロリーがあります。そのため、豆乳を飲み過ぎてしまうと、摂取カロリーが増えダイエットにとっては逆効果になります。また、イソフラボンの過剰摂取は体にも悪影響を及ぼすため、1日の摂取量は守るようにしましょう。

 

・満腹感があれば、食事量を減らす

豆乳ダイエットは、食前に飲むことで満腹感を得ることができるため、自然に食事の量を減らすことでダイエット効果をもたらします。しかし、今までと同量のご飯やおかずが目の前に並んでしまうと、満腹感があってもつい全部食べてしまいがち。これでは豆乳ダイエットをする意味がありません。豆乳ダイエットを行う際は、ご飯の量を少な目にする、または満腹感を得た時点で食事をやめるように心がけましょう。

 

・適度な運動を行う

豆乳ダイエットを行うことで、代謝が上がり脂肪燃焼効率も高まりますが、まったく運動をしなければ脂肪を燃やすことができません。ダイエットの成功には、無理のない範囲内で適度に体を動かすことを心がけましょう。

 

豆乳の種類を選ぶ

・無調整豆乳

大豆を搾っただけのもので、砂糖や塩などで味付けは一切されていません。豆乳の効果は最も高くありますが、大豆独特の風味が強く、飲みにくさを感じる方が多いのも特徴です。

 

・調製豆乳

・豆乳飲料

統制豆乳、豆乳飲料は、無調整豆乳と比較すると、砂糖や果汁などを加えて飲みやすく改良されています。調整豆乳の豆乳成分は無調整よりもやや少なく、豆乳飲料に至っては、無調整の3分の1程度と言われています。

 

その他にも、低カロリー豆乳や、低脂肪豆乳などがありますが、栄養価が無調整豆乳などに比べて劣ることから、ダイエットには不向きだと言えます。

ダイエットに最適な豆乳は、無調整豆乳ですが、飲みにくさがあり、続けられない場合は、まずは調整豆乳や豆乳飲料から始めるようにしましょう。豆乳の風味に慣れることができたら、無調整に変えるようにしましょう。ただし、調整豆乳や豆乳飲料は砂糖や果汁が入っているので、カロリーが高いため、飲み過ぎには注意しましょう。

飲み方は、ホットでもアイスでも問題ありません。ホットならたんぱく質が変化しない40度程度に抑えるようにしましょう。アイスは、体を冷やしてしまうため、ダイエット効果が弱まる可能性があります。しかし、ホットだと飲みにくいような場合には、無理にホットで飲む必要はありません。ダイエットを成功させるためには、毎日続けることが大切なことから、冷たくしたり、味を少し加えたりして、飲み方を変えるようにしましょう。

 

豆乳のアレンジレシピ

豆乳には、様々なアレンジを加えることができます。普通の豆乳ダイエットに飽きたら、アレンジレシピで継続するようにしましょう。

 

・豆乳+バナナジュース

バナナは栄養が非常に豊富で、便秘の改善にも効果的です。また、ダイエット食材としても知られています。カロリーが高いことから、バナナジュースを混ぜる場合は、朝食やおやつの代わりとして置き換えダイエットに利用しましょう。

 

豆乳+パイナップル100%ジュース

パイナップルは酵素を多く含んでいます。そのため、豆乳に含まれる大豆ペプチドの働きをサポートしてくれます。キウイでも同様の効果を得られることから、キウイジュースと一緒に飲んでも良いでしょう。

 

・豆乳+無糖のココア

ココアはダイエット素材としても有名です。そのため、無糖のココアと組み合わせることで、ダイエットの相乗効果を発揮します。

 

・豆乳+無糖コーヒー

豆乳が苦手な方でも、無糖のコーヒーと一緒に飲むことで、カフェオレ感覚で楽しむことができます。

 

まとめ

豆乳ダイエットは、従来のダイエットと比較しても手軽に行うことができます。

飲み方などを間違えてしまうと、逆効果になることもあるため、しっかりとポイントを押さえて、体の中からのキレイを目指して、健康的にダイエットを行うようにしましょう。